2012年08月11日

大人の芸術体験 色と音&演劇

大人のための芸術体験ワークショップ・シリーズ2012 1日目。

午前。「色と音のワークショップ」。講師は長原由佳さん。自分の人生をグラフにする、というちょっと無茶ブリとも思える導入から、グラフ(絵)に使用した色に音をあてはめ、その音をピアノの鍵盤で指1本でも押し続ければ、講師が見事な曲にしてくれる、連弾へと進むワーク。会場はホール、ピアノはスタインウェイ。美しい音とゆったりした時間に癒されるひとときでした

午後。「演劇ワークショップ」。講師は、さがユースシアターさん。初対面の大人同士、若干カタイかと思われた雰囲気が、前半のコミュニケーションゲームで笑顔にほぐれ、あとは嬉々として遊びまわるイイ歳のヒトたち。短時間のうちにグループでたくさんのシーンを創り出す、アイデアモリモリの3時間でした。終了後も参加者同士で話し込む姿が見られ、素敵な光景。
参加者のアンケートに「演劇と言うと目立つことへの嫌悪感がある人もいると思うけれど『受け入れること』『協働』といったキーワードによっても語ることができる」という一文があって、おおお。

明日もがんばろっと。


Posted by アートサポートふくおか at 23:09│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。