2011年03月20日

現場へ

久留米市文化芸術コーディネーター養成講座第5講。今日が最終回です。学校と芸術家をつなぐコーディネートを考える講座だったので、最終回は「学校への芸術家派遣の意義」と「コーディネーターの役割」を中心に、私がレクチャーするのでなく受講生自身で考え、ほかの受講生の意見を聞いて学ぶ場としてみました。皆さん、つかむべきところはつかんでおられるので、あとはとにかく現場に出てほしいと思います。「養成講座」と銘打っていても、講座で養成できるものではないですから。来年度から、久留米市の「学校への芸術家等派遣事業」でご一緒できるのを楽しみにしています。


Posted by アートサポートふくおか at 22:31│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。