2010年11月18日

ぐえぐえぶいぶい

昨日、今日と長崎。あいかわらず多い修学旅行生、構えるカメラの視界に入らぬよう、右に左にウロウロしながら大学へ。
授業4コマと面談1人と来年度のシラバス作成のために某公共機関と協議。
3年ゼミの長崎県美術館プロモづくりは2回目の撮影。今回は、お子さんを持つ留学生が親子役で出演するシーンの撮影なので、子役のごきげんをうかがいつつ進行。実に元気でお利口な5歳のお嬢さん、かなり聞きわけがよいのですが、若い学生たちは思い通りに作業が進まず四苦八苦。それでもどうにか予定の部分は終了。次の授業が迫っているので走るように大学に戻りました。学生は少々遅刻しても気にしないのですが、教師が遅れるわけにいかないので私は必死! 坂も階段も駆け上がってぐえぐえ言いながら次の授業、1年の必修「キャリア形成」へ。そのあともう1コマ、4年のゼミでは卒業アルバムの写真撮影。ぶいぶいしている学生たちのヨコで疲れ果てた顔の私が写っていると思います。4年生は1カ月後に提出期限が迫った卒論の進捗状況の発表と討議。私は12人分の論文の赤ペン先生をしなくてはなりません。自分が書いた方が楽かも。
本日1,2時間目の「企画実務論」には、長崎市さるく観光課長さん(ふつーの観光課じゃなくて、さるく観光課というのです)をお招きして、長崎市の観光に関する取り組みをお話いただきました。今後、学生に観光に関する提案をさせるためですが、当然ながらすでに行政として緻密に計画され多くの事業に取り組まれているなかで、学生に何が提案できるのか。課題を与えた私は「あ、ムリか?」と思いましたが、学生のほうは無邪気なもので、提案する気マンマン。どうなることやら。


Posted by アートサポートふくおか at 22:06│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。