2010年01月11日

あまわり

昨日。終日、春日。夜は芸術体験講座のレポートをHPに掲載する準備など。
今日。午前、春日。午後は現代版組踊「肝高の阿麻和利」を見に福岡市民会館へ。噂にたがわず、よかったです。細かいツッコミをする気にさせない、ストレートな力強さがよいです。出演者全員が中高生。なんてカッコよくてステキな子たちでしょう! 終演後の客出しで、間近に見る彼らの顔は、たしかに幼い少年少女でしたが。
終わって外へ出ると、折しも成人式帰りでたむろするハタチのおにーさん、おねーさんたちに遭遇。男女ともに水商売風の風体に見え、今見てきた舞台のキリリとした青少年との違いにため息が出ました。
余談ですが、我が長女は来年、成人式。高校を卒業するころから、毎日のようにきもの屋さんからカタログが届きます。そのどれもがケバイ。本人も「マトモなのが着たいけど、ほとんど、ない」と言っています。どうしてなんでしょう?


Posted by アートサポートふくおか at 22:17│Comments(2)
この記事へのコメント
”あまわり” 私も昨日、娘と観に行きました。

始まってすぐに・・素晴らしい舞台に引き込まれ、
最後はスタンディングで、号泣して(すぐに泣いちゃいます、私)
駅までの道を 娘と舞台のことを話しながら、帰途につきました。

主なキャストもアンサンブルもバンドもスタッフも
とにかく舞台に向かう姿勢が素晴らしかったです。

キラキラの瞳や姿が、本当に綺麗でした。

福岡の中高生も頑張れっ!
Posted by こいで at 2010年01月11日 23:25
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。