2009年10月29日

安堵

久留米市芸術家派遣事業・演劇の3日目。5時間目が発表なので、午前中はとにかく「見せるもの」としての仕上げの作業。新たなプログラムに挑戦した1組は時間が足りず、リハーサルは担任の先生にしておいていただくことに。昨年からやっていることの積み重ねから展開している2組はパフォーマンスとして見られるものにアーティストが仕上げました。保護者が入っての発表会。子どもたち、がんばりましたよ。間違っても、途中でわからなくなっても、本番は止まらない。やり直しがきかない緊張感に耐えて、ちゃーんとやってくれました。ああ、よかった。
昨年は、「この子たち、将来はどうなるんだろ?」と不安になるほど落ち着きのない、人の話が聞けない子もいましたが、きっちり成長してました。人間て、すごい。学校って、大事。


Posted by アートサポートふくおか at 23:50│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。