2009年09月16日

アートライブ

午前。福岡市内の小学校で福岡県芸術体験講座、ゴスペルの授業。いよいよ今年度の講座の始まり。アーティストはF.C.G.C(フクオカ・コミュニティ・ゴスペル・クワイア)さん。教頭先生が一番楽しそうに歌っておられたのが印象的でした。

午後。春日で芸術文化ワークショップの打ち合わせ。今年度から芸術体験講座のアシスタントコーディネーターをしていただいている崎山さんが代表を務める「NPO法人アートもん」さんにお願いして「想いをカタチにする」芸術文化ワークショップを検討。バレンタインデーを前にした時期に実施することになると思います。こうご期待。

夜。明日から2日間にわたって開催されるアジア太平洋都市サミット実務者会議の前夜ということでウエルカムパーティ。工房まるのアーティストお2人によるアートライブが行われました。90分ほどかけて描かれた絵は、海外からのゲストを歓待するということで浮世絵をテーマにしたようです。元になる絵があって描かれているのだけれど、パワフルでポップなベツモノになっていました。私はアートライブがお目当てで参加しましたが、ほかのお客さんたちはどうだったんだろう? 少なくともアーティストさんに話しかける人はあまり見かけず。アートがテーマの会議になるんですけど、アートやアーティストには興味ないの?


Posted by アートサポートふくおか at 23:35│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。