2009年06月29日

聞くこと

久留米大の講義で企業メセナについて一席。この話は関心をもった学生が多かったようです。そりゃ、そうでしょう。就職先として企業を考えている学生が多いでしょうから。そこであえてCSRの話から始めて、その関連でメセナの話に入りました。ネタがたくさんあるので、来週に続く。小レポートには「来週の授業が楽しみ」と書いてくれた子が何人もいて、うれしいです。
今日は、大学が実施する、学生による授業評価アンケートも記入してもらいました。回収したものをざっくりと見ていて気づいたのは、私が毎回要求している講義内容の「要約」の意味がどうしても理解できないらしい人が2,3人いるということ。書かれたものの要約は(ところどころを書き写す、というレベルですが)できても、聞いた話の要約をすることができないようです。たぶん、聞いてないんだな。日頃の小レポートを読んでいてもそれは感じます。大学の授業ですから、単位をとることだけを目的に参加している子がいるのは仕方ない面がありますが、興味がない話だとしても、要約を求められているのに「聞く」ことができないのでは、先行き心配ですぞ。

夕刻、昨年もお会いした結城座の方と面談。担当者が若い女性に代わられたようです。私では何のお役にも立てませんが、芸術団体の方のお話をうかがうのも勉強になります。


Posted by アートサポートふくおか at 22:06│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。