2009年05月17日

来たときよりも美しく

午前。筑紫野市文化会館へ。「まつり筑紫野 薫風」の様子を見に。存じ上げているアーティストさんが何人も出演されるし、文化協会さんをはじめ、地元の団体さんも含めたプロ・アマの文化活動者が盛り上げる催しがステキなので、足を運びました。あいにくのお天気でしたが、家族で遊びに来た風の市民の方々をけっこう見かけました。それにしても、広くはないロビーなのに、2階へ上がる階段まで使ったパフォーマンスは見事でした。かれこれ7,8年前は、「来たときよりも美しく!」「靴の泥を落としてから入ってください」と貼り紙がしてあった施設でしたが、大きく変貌しましたね。よかった。
午後。西鉄ホールで福岡演劇フェスティバルの参加作品、劇団C4「改訂版 大樹の影で」を見ました。お客さんの年齢が高いのにちょっとオドロキましたが、それもそのはず。大人がしっかり鑑賞できる作品でした。生きることは切ないし、家族は大切だけどウザイし、でもつながってるし、なのにつながりたいときにはいないし・・・。ヒトはめんどくさいです。泣いてしまいそうでした。


Posted by アートサポートふくおか at 22:00│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。