2008年01月14日

ホトケの研修修了

世間は成人の日ですが、ウチは母の三回忌。2年前、考えられないような事故の知らせを受けた衝撃、その後の顛末に関する不本意不可解理不尽な思いをイヤでも反芻してしまい、ここ数日はテンションの低い日々でした。
今日のお坊さんのお話では、三回忌を迎えたホトケさんは、やっと研修期間を終えたところだとか。仮採用から本採用になったようなものだそうです。研修、長っ!母のことだからマジメにツトメテいることでしょう。
それにしてもお寺というのは、昔から地域における学術・芸術の拠点施設だったとこなんですね。法要を営んだお寺は最近建て直したきれいな建物ですが、檀家から寄贈されたと思われる「太宰府政庁古図」とか「筑前絵図」とかさまざまな資料が展示されています。お部屋を地域の集会にも貸しているようで、人が集まってあれこれ話したり勉強したり、いろんな活動がおこる場所になりうるんだなと実感。大阪の應典院のことなど思い浮かべました。
法要もその後の食事会も終わり、さあ気持ちを切り替えて、テンション上げて、と思いつつ帰宅する途中、父を実家に送っていった姉から「空き巣に入られている!」との知らせが。生活費と父のヘソクリ(知らんかった・・・)の現金を盗っていったようです。日ごろ、長時間留守にすることがない家なのに、今日という日を見計ったかのような犯行。テンションあがらんなー。日常的に出入りしている私も指紋採取のため警察に行かなくてはいけないそうです。はあ。


Posted by アートサポートふくおか at 17:25│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。