2010年04月15日

ダイジョブ、ダイジョブ

昨日、今日と長崎・活水。水曜日はゼミ2コマ、木曜日は授業2コマ。それぞれの準備と小レポートの採点で、長崎滞在の時間はあっという間に過ぎてしまいます。今日は帰福前に長崎県美術館で打合せ。後期にはゼミでの連携WSをお願いしていますが、その前に「スクールプログラム」を活用して、鑑賞・表現、そしてバックヤードツアーもお願いすることに。3年生のゼミは留学生が大半なので、美術館との関係作りを丁寧にする必要を感じて急きょ決めました。
その留学生たち。3年時からの編入生なので、ほんの数週間前に日本に来たばかり。日本語を勉強してきたとはいえ、いきなり日本の学生に交じって専門分野の授業を受けるのは大変そうです。今日の「アートマネジメント論」の授業終了後、私のそばにやってきて「先生の授業は留学生にはムズカシイです」と言ってきた子がいました。あららと思い、話を聞くと問題なのは「日本語」。ほかの授業も(日本語の授業以外は)全部難しいと感じているようです。単位がとれるのか、卒論が書けるのか、と不安そう。わからないのは当たり前ですよね。ダイジョブ、ダイジョブ、と力づけましたが、ホントに大変だろうなぁ。


Posted by アートサポートふくおか at 22:50│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。