2013年04月20日

ヒアリングの旅

昨日、今日と関東方面出張。演出家・阿部初美さんが各地で実施されている「産み育てを考えるワークショップ」についてヒアリング。阿部さんのお宅でご本人にお話をうかがいました。息長く追っかけていきたい活動ですが、ここらでいったん小レポートをまとめておきたいのと、今後どのようにアプローチするかを考えるために。

お話をうかがったあと、横浜に向かって映画「ガレキとラジオ」鑑賞。宮城県南三陸町で震災後10か月間運営された、手作り感あふれるFMラジオの物語。ラジオの可能性と同時に、関わる一人ひとりが震災後になくしたもの、得たものが具体的に伝わってきました。福岡での上映予定はいまのところないようなので、ここで見ることができてよかった。

昨夜は阿部さん宅に泊めていただき、真っ白な天蓋(と思ったら蚊帳でした)つきのお姫様ベッドで休ませていただきました。夜遅くに横浜から戻ったのでお子さんをコーフンさせてはいけないと、あまりさわらないようにしましたが、3歳の息子さん、プリプリのツヤツヤでおいしそうな、いや、かわいらしいお子さんです。やさしそうなご主人も含め、大変お世話になりました。

本日、水戸芸術館へ。同じく「産み育て~」を実施した担当者のFさんにインタビュー。水戸の土地柄も絡んだ子育てにまつわる諸々の課題に演劇でどうアプローチできるのか、今後も続いていくプロジェクトに注目しています。

あちらにいた2日間、ここ数年悩まされている顔の発疹が出なかったのがフシギ。九州で飛んでいるなにかに反応しているんでしょうか。



Posted by アートサポートふくおか at 23:12│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。