2013年02月17日

日田市まちづくり文化祭

昨日、今日と大分県・日田市へ。「まちづくり文化祭」にお招きいただき、講演と座談会の進行役を務めました。「まちづくり文化祭」は日田市と民間団体「日田プレイス」の協働事業で、まちづくり団体のつながりづくりを目的に実施されたイベント。公立文化施設「パトリア日田」のギャラリーに30団体がブース出展、ステージでのアピールタイム、パフォーマンスもあって盛り上がりました。びっくりするほど多くの方で賑わい、そこここで「つながる」姿が。終了後の名刺交換会、そのあとの交流会と、二重三重に「つながる」仕掛けがされていたので、ここから何がが生まれる予感がします。出会いと交流の場として大成功。次のステップ「プラットフォームづくり」も視野に入れた取り組みだったようなので、これからの展開に注目です。

本日。午前中は日田プレイスのNさん、Sさんが日田の中心部を案内してくださいました。特にひなまつりの真っ最中の豆田町はすごいにぎわい。駐車場は満車、名物「日田やきそば」の店は行列、という状況でしたが、おふたりの上手なエスコートのおかげで人ごみに捉まることなく回ることができました。午後は昨日の座談会でご一緒させていただいた「あまがえる」のSさんをお訪ねし、ご主人さまの天瀬のまちをご案内いただきました。大きな道やJRからほど近いところに見ごたえのある滝や、由布院と日田の中心市街地の両方を望める高台などステキなスポットがありました。でも反面、大規模に造成された公園で閑古鳥が鳴いていたり、残念なところも。
日田市は合併によって上津江、中津江なども含め広大な地域を包含する市になっていたのですね。今日拝見したのはそのほんの一部ですが、それでも多彩すぎて地域振興の難しさを垣間見ました。行政区域は大きくても地域の課題は地域ごとに地域の人々が解決していくしかない、という当たり前のことを再確認。

お世話になった日田のみなさま、本当にありがとうございました!



Posted by アートサポートふくおか at 20:38│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。