2012年12月23日

公会堂のチカラ

終日、長崎。2年&3年ゼミで長崎市公会堂50周年記念事業「公会堂のチカラ」のプロモーションをお手伝いさせていただいているのですが、事業PRの一環として繁華街でのチラシ配布と「おめでとうメッセージ」の収集を行いました。警察から許可を受けたエリア内での活動、真正面は高校生の団体が献血の呼びかけをしています。あ、ゆるキャラの着ぐるみまで登場! これは負けていられないっ・・・と学生に声を張り上げるように指示。おとなしい子たちですが、それぞれにがんばって予想外に多くのメッセージを書いていただきました。こういうのは優しいご年配の方しか立ち止まってくれないのではないかと思いきや、同世代の若者がけっこう足を止めてくれたようです。別働隊が商店街の各お店へのチラシ&ポスター掲示のお願いにも回り、それなりに受け入れていただいたようです。女子大生パワー、おそるべし。チラシを持つ手の感覚がなくなる寒波の中の活動、でも、新聞の取材も受けたし、50周年事業の周知に効果があったと言えるのでは?
本日の活動、長崎市文化振興課のK係長さんがおつきあいくださいました。そのお仕事ぶりはきっと学生にいい影響をいただいていると思います。ありがとうございました!
公会堂50周年事業については古賀ゼミブログで学生がぼちぼちご紹介しています。こちらもご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/kogazemi/d/20121217



Posted by アートサポートふくおか at 23:32│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。