2008年02月17日

7th春日ジュニアドラマセミナー

昨日・今日と春日市ふれあい文化センター「春日ジュニアドラマセミナー」の発表公演「ビリーヴ」。約5ヶ月にわたるセミナーに参加した小4から中2まで17人が参加。いつものように子どもたちとのワークショップ形式でまとめる脚本・演出を担当するのは後藤香さん。「ビリーヴ」は小中学生ならみんな知ってる合唱曲のタイトル。これを子どもに歌われると、弱いです。音楽家と一緒に行う学校の授業をコーディネートするときも、この曲の合唱と楽器演奏のコラボはよくやりますが、毎回うるうるします。情報誌の記事のためにインタビューした中学生女子2名は「ドラセミのすべてが大切な思い出。参加する前と今とでは180度自分は変わった」と口をそろえて言いました。全くタイプの違う2人なんですけどね。そんな体験、私も小中学生のときにしたかった。

同じカテゴリー(子どもの芸術体験)の記事
 経験のある人から、ない人に伝える (2011-09-14 00:27)
 キラキラ (2010-10-26 22:26)
 至福 (2010-09-28 22:58)
 子どもの時間 (2010-08-22 22:33)
 リズム感 (2010-07-06 22:30)
 芸術体験ワークショップ見本市2010 終了! (2010-05-11 23:51)

Posted by アートサポートふくおか at 22:18│Comments(0)子どもの芸術体験
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。