2008年02月11日

STスポット横浜

9日。横浜美術館で「シンポジウム アートと学校教育の連携のこれから」に参加。これは、NPO法人STスポット横浜が神奈川県&神奈川県教育委員会との協働で平成16年度から展開している「アートを活用した新しい教育活動の構築事業」の報告と次のステップへの展望の機会として毎年この時期に行われているもの。
(事業について STスポット横浜アート教育事業部のサイト)
http://www16.ocn.ne.jp/~st-art/
(基金について)
http://www.kvsc.pref.kanagawa.jp/kikin/21topkaitei.html
この事業は県の基金によるNPO提案公募型事業として行われてきましたが、すでに4年目。基金からの事業負担金拠出が最大5年までと決まっているため、その後をどうするのかが大きな課題になっています。この点についてはまだメドが立っていないようで、壇上の報告者から県の担当者に向けて「御願いです!」と悲痛な発言も飛び出しました。ただ、県については今後が未定ですが、横浜市との協働が別途始まっています。横浜市と横浜市教育委員会、横浜市芸術文化振興財団とSTスポット横浜が構成する「横浜市芸術文化教育プログラムプラットフォーム準備事務局」というのができているのです。これも横浜市の創造都市への取り組みの一環。
(プラットフォームについて、横浜市市民活力推進局の事業概要に少し載ってます)
http://www.city.yokohama.jp/me/shimin/joho/center/shisei/2007/207simin.pdf

9日は、アーティストが学校で行ったユニークな授業の報告がなされたのですが、私の関心はもっぱら「システム」。この種の活動を継続的・安定的に進めるためにはどうしたらいいのか、みんな手探り。象徴的だったのは、ステージ上の進行役の方々が学校関係者に「この授業を行った前と後で子どもたちの変化はありましたか?」と手を変え品を変えて質問していたこと。学校関係者からバッチリの答えが出てこないのでこうなるのですが、そー簡単に変わるもんじゃないでしょう。多分そんなことはみんな分かっているのです。それでも何か答えを引き出して、今後につなげたい気持ちの表れなんですね。横浜市のプラットフォーム、推移を注目しましょう。他の地域にも広がってほしい試みです。

同じカテゴリー(子どもの芸術体験)の記事
 経験のある人から、ない人に伝える (2011-09-14 00:27)
 キラキラ (2010-10-26 22:26)
 至福 (2010-09-28 22:58)
 子どもの時間 (2010-08-22 22:33)
 リズム感 (2010-07-06 22:30)
 芸術体験ワークショップ見本市2010 終了! (2010-05-11 23:51)

Posted by アートサポートふくおか at 21:30│Comments(0)子どもの芸術体験
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。