2012年01月15日

第三舞台

午前。授業の準備。午後。自宅の掃除と早目の夕食準備。自分は食べる時間がないまま第三舞台の封印解除&解散公演「深呼吸する惑星」ライブビューイングへ。思い立ったのが遅かったので公演チケットはソールドアウト。でも自宅近くのシネコンでライブビューイングがあることがわかってラッキー。実は第三舞台をちゃんと観たことがないので最後くらい観なくちゃ、と出かけました。福岡で芝居をしていた人もたくさん影響を受けていたはず。あのダンス、幕開けの感じ、真似していた劇団が思い浮かびます。福岡のライブビューイング会場はきわめて静かに観劇。公演会場では何度もカーテンコールがあって拍手が鳴りやまず、ちらと映った客席では泣いている男性もいたようです。ライブビューイング会場では、鴻上尚史さんが「ちゃんと終わらないとちゃんと始まらないから」と公演会場のお客さんを送りだしたところまで静かに見届けて、客電がついたので、皆ゆるゆると退出して行きました。全国30カ所で行われたライブビューイング、ほかの会場では公演会場と同じように盛り上がって拍手してたところもあったようですが(ツイッター情報)・・・。観ておいてよかったです。


Posted by アートサポートふくおか at 23:27│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。