2011年12月23日

うんとこしょ、どっこいしょ

火曜日。このブログを更新しようとしたら、「ブログふくおか」のメンテナンス時間にかかってしまい更新できないまま長崎行き。アチラに行くとアタマをナガサキ仕様に切り替えないといけないのでメールチェックやブログ更新はしないことにしています。スミマセン。
で、火曜日はサザンクス筑後の文化芸術コーディネーター養成講座で受講生の企画案をお互いに採点してもらうなど、したはず。すでにうろ覚え。
水曜。長崎行き。授業後に日本で就職する留学生から会社に提出する書類や、就労条件のことで相談を受けました。私では十分に力になってあげられないかも、と不安に思いながら話を聞きましたが、大学も相談にのってくれる部署はないようで頼れる相手がいないのでしょう。外国で働くって大変。
木曜。アートマネジメント論の授業は長崎県美術館で「ロバート・ハインデル展」でのおしゃべり鑑賞(対話型鑑賞)体験。のはずが、手違いで学芸員さんの解説になりました。ちょっと残念でしたが、学生は作品をじっくり見ていたようなので、行った甲斐はあったかな。
美術館からそのまま佐世保行き。させぼ文化の人材育成会議。来年度の文化芸術振興基本計画改定を前にした現況の説明など。佐世保の委員の皆さんはパワフルで多彩(&多才)なのでいつも感心します。会議後の懇親会では自作の紙芝居をご披露くださった委員さんもおられました。ある島がカニに姿を変えてハウステンボスに遊びに行き、元の場所に戻る前につい居眠りをして島の姿に戻ってしまい、さあ大変!というカワイイお話。うんとこしょ、どっこいしょ、とみんなで声を合わせて島を元に戻してあげるんです。お酒が入って赤ら顔になったおじさん・おばさんたちが「うんとこしょ、どっこいしょ」と呼ばわる声は、他のお部屋にどんなふうに響いたでしょうね。


Posted by アートサポートふくおか at 01:01│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。