2011年09月30日

オタクとうさこ

午前。古賀市の文化芸術審議会作業部会。市内文化団体を対象としたアンケート調査結果を一つひとつ見ていきました。人口構成は比較的若い市なのに文化団体の構成員には高齢者が多いこと、会員を増やすのと同時に運営の中心的な担い手を育成することが必要なこと、団体同士のヨコのつながりがあまり見られないこと、でも「連携」の前提になるコミュニケーションは簡単ではなさそうなこと、そして活動の公共性に関する認識にバラつきがあることなどが見えてきたように思います。どこの市でもこんな感じ?
午後。九州産業大学へ。明日のストリングラフィ公演の仕込みのお手伝い。スタジオ・イブの皆さん、スリムでしなやかなボディで軽やかに設営。そしてリハーサル。九産大の学生さんたちが会場を飾りつけてくれて、ほかにはないような空間ができあがっています。小さなお客さんたち、喜ぶだろうな。
(コンサートは事前申し込み制ですでに締め切られています)

JRの駅で、おそらく大学生と思われるオタク男子が〇ジパンのキャンペーン・プレゼント、うさこちゃんのトートバッグを持っているのを見かけ、なぜか理不尽な怒りがこみ上げてきました。私のうさこに何をする!


Posted by アートサポートふくおか at 23:39│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。