2011年09月12日

子ども三昧

久留米市の学校への芸術家派遣事業で、狂言の福岡大蔵会さんと小学校へ。5,6年生合わせて30名程度の小規模校。回りを果樹園に囲まれ、美しい山の稜線を間近に見ることができる学校で、とてもかわいい子どもたちに出会えました。積極的に体験を楽しみ、お話は真剣に耳を傾ける、いい雰囲気。福岡大蔵会の皆さんは子どもたちに伝えたいことが溢れ出て来るようで、熱心に語りかけてくださいました。帰り際、車で学校を離れようとする福岡大蔵会の方々に(給食中のはずですが)校舎から「ありがとうございましたー!」という声と、体験授業で習った狂言の大笑い「はーっはっはっはっは・・・」で見送ってくれた男の子。かわゆいのう。
福岡に戻って、今年度後半に実施する福岡市内小学校での演劇ワークショップについて共催者と打合せ。申請していた助成金を見事ゲットできたので、本格的に始動します。長期に実施できる見込みなので子どもたちの成長を見つめることができそうで、楽しみ!


Posted by アートサポートふくおか at 21:48│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。