2011年02月12日

ゴッホ展

ずっと悩んでいたのですが、「やっぱり行く」と決意して九州国立博物館「ゴッホ展」へ。明日で会期が終了することもあってか、雪が舞う天候でしたが、開館時間前に行って「待ち時間40分」。でも、寒い屋外ではなく、とりあえず館内に入ってから並ぶよう配慮されていて、クネクネと続く列もあまり立ち止まることなく動くので、それほど苦ではありませんでした。1Fはほぼ、入場待ちの人の列に埋め尽くされた感じ。実際、40分程度クネクネしてやっと入れた会場内は、作品の前に群がる人に「立ち止まらないでください。歩きながら館鑑賞してください」というスタッフの声が四六時中かかるものの、そりゃー立ち止まりますわね。あまり間近で見ることはできませんでした。常設展の方も覗いて、午前中に退出。出てきたら「30分待ち」になってました。雪がひどくなったせいでしょうか。
ほかにも行きたい展覧会や公演がいくつもありますが、お金と時間の事情によりなかなか実現せず。
午後は家の掃除と父を訪ねて再度外出。夕方戻って明日の廃品回収の準備。出すものはたくさんありますが、お天気は大丈夫かな?
夜、明日の久留米での講座の準備と学生からのレポート受信。3年ゼミのレポートをメール送付OKにしたのでした。採点せねば。


Posted by アートサポートふくおか at 21:09│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。