2011年01月15日

アーティストによる企業研修

コミット(福岡市コミュニティビジネス販路拡大支援センター)主催の“創”ワークショップに参加。一応、「講師」とされていましたが、話題を提供して、取り組んでいる事業をいかにして展開していったらよいのか、参加者のお知恵を拝借するという、小規模なラウンドテーブルみたいなものです。アーティストによるワークショップを企業研修に導入する件についてお話させていただきました。「お話」では伝わらない、と思ったので、実際にアーティストによる企業向け研修ってどんなことするの?という例を、結実企画(むすびきかく)の大福悟さんにやってみせていただきました。大福さんに来てもらっていなかったら、ホントに「何をするのやら?」だったと思います。百聞は一見に如かず。でも、実際に企業へアプローチしようと思ったら、言葉で説明することも大切なんですよね。“創”ワークショップでは、「成果が見えにくい」などのご意見をいただきました。子どもを対象に学校への導入を図るときも、目に見えない「成果」の説明に苦労するのですが、企業が相手だとそれ以上。でも、全国的にはいくつも先例があることです。まだまだ道のりは遠そうですが、「文化的弱者」のオトナ(特に男性)を救うため?息長く取り組んでいこうと思います。
「演劇やダンス、音楽、美術など、アーティストによる企業研修」に興味がおありの企業関係者の方、アートサポートふくおかにご連絡くださいませ~。


Posted by アートサポートふくおか at 22:09│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。