2010年09月28日

至福

久留米市内の小学校・特別支援学級でトリオ・スケルッツァンドさんの授業。音楽と美術を融合させた楽しい授業です。ソプラノの小野弥生さん、画家・イラストレーターの保坂真紀さん、ピアノの夏川由紀乃さんによる、歌とピアノとライブペインティングと紙芝居と似顔絵書きとその他もろもろの参加型プログラム。子どもたちは知的・情緒・身体それぞれの個性的な障がいを持つメンバーですが、何が「障がい」なのやら、全くわからない素敵な反応を見せてくれました。無感動にジーッと見ていられるよりアクティブに反応してくれるほうがやりやすい、とアーティストさんたちも楽しんでいました。
終了後、担当の先生が「こんなのがやりたかったので、ホントにうれしい!」と言ってくださった、至福の時間でした。

同じカテゴリー(子どもの芸術体験)の記事
 経験のある人から、ない人に伝える (2011-09-14 00:27)
 キラキラ (2010-10-26 22:26)
 子どもの時間 (2010-08-22 22:33)
 リズム感 (2010-07-06 22:30)
 芸術体験ワークショップ見本市2010 終了! (2010-05-11 23:51)
 Web版「アーティスト・カタログ2010」 (2010-05-03 22:19)

Posted by アートサポートふくおか at 22:58│Comments(0)子どもの芸術体験
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。