2010年08月20日

津奈木

当初は、やねだん訪問に合わせて霧島に行こうかと思っていたのですが、日程が変わってしまったので霧島に行くには時間が足りないかも、という状況に。しかも、次女から体調不良を訴えるメールも来たので、早目に福岡へ戻れるよう、20日は朝から熊本方面へ。途中下車して津奈木町に寄りました。以前、熊本県立劇場でお話をうかがってから一度行ってみたいと思っていました。津奈木町は「緑と彫刻のある町」を標榜しているので、美術館だけでなく町のなかに現在15体の彫刻が点在。見て歩く訪問者やガイドをする地元の方々も現れているようです。美術館はちっちゃいけれど心地よい空間。美術館からモノレールで舞鶴城公園にも行けます。公園の展望所は絶景、ですが、その昔、海底から隆起したという重盤岩(ちょうはんがん)のてっぺんにはためく日の丸! この旗を揚げたり下ろしたり、5月には鯉のぼりにしたり、そんな作業はしたくない・・・けど、町役場の方がされているそうです。大変だ。
ここでも、何か視察で来られていると思われる方々とモノレールをご一緒させていただきました。「ついで」の恩恵に浴する旅でした。


Posted by アートサポートふくおか at 22:38│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。