2010年06月11日

留守の間に

3日留守にした間、メールチェックはしなかったので、異様にたまった(8割はイラナイ)メールを整理し終えたところです。
8日(火)、早朝から佐世保へ。公募事業の審査。お昼で終わりましたが、福岡には戻らずそのまま長崎へ。長崎行きのバスに乗る前に腹ごしらえを、と思い、「佐世保バーガー認定店」の表示があるお店へ。出てきたバーガーはひたすらデカく、私には夕食以上のボリュームでした。
長崎では、後期の授業の仕込みのため、市立・県立の施設をいくつか回って情報収集。夕刻に大学に入って授業の準備など。
9日(水)、いつもなら福岡から移動して10:30ごろ大学に到着するのですが、今日は朝イチから出勤できるので、またとないこの時間に集中して論文の査読など。午後はまず3年のゼミ。長崎県美術館でのフィールドワークで、スクールプログラムのひとつ「表現プログラム」を体験。シルクスクリーンでバッグに自作のイラストを刷りました。宿題にしていたイラストは、みんな嫌がっていたわりには力作ぞろい。かわいいバッグ、かっこいいバッグが並びました。私も前週に撮ってもらった写真をもとに、ゼミ生全員を描き込んだ作品を茶色のインクでプリント。出来栄えに惚れ惚れしていたら、留学生から「センセイのが一番上手」とほめられ、「そんなことないよ~。〇さんのほうが上手よ~」といいながら悦に入りました。ぐひひ。後期にワークショップでご一緒させていただくかもしれないアーティスト・平田慎二さんも様子を見に来てくださって、ちょっぴりですが、交流できました。平田さんとは学生ともども、仲良くさせていただきたいと思います。
美術館から大学に戻って、4年のゼミ、そして卒論指導の面談。私の役目は、やるべきことを指示することではなくて、学生本人の考えがまとまり、行動に移せるようにキャッチボールの相手をすることだと思っているのですが、なかなか難し。
10日(木)、授業2コマのあと3年ゼミ生と面談。その後、学科の特別講演会でお招きした㈱フラウの濱砂圭子さんの講演。講師(パワフル!)のお出迎えやご紹介をさせていただきました。
いつもより2時間ほど遅れての帰宅になったので、夕食を先に食べておくよう次女にメールしましたが、返事なし。帰ってみると体調不良でヤサグレながら寝ていたのでした・・・。


Posted by アートサポートふくおか at 00:51│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。