2010年03月21日

小さな噺家さんたち

終日、春日。人財づくり講座受講生の企画運営による芸術文化ワークショップ「小学生落語体験」の2日目。子どもたち、自分で決めたネタをしっかり練習してきていました。高座名も考えてきたし、法被を着た小さな落語家さんが並んでお稽古する様に感心するやら、ほほえましいやら。今日は講師の粗忽家酔書さんがお仲間の粗忽家勘タンさんとご一緒に来てくださり、お2人それぞれの視点から指導をされました。人前で話をするときの基本的なことをおひとりが教え、もうおひとりが「演出」をつけてくださる感じ。贅沢なことです。発表順も決めて、次回は早くも子どもたちの噺家デビューです。また1週間後。準備を整えなくては。

同じカテゴリー(子どもの芸術体験)の記事
 経験のある人から、ない人に伝える (2011-09-14 00:27)
 キラキラ (2010-10-26 22:26)
 至福 (2010-09-28 22:58)
 子どもの時間 (2010-08-22 22:33)
 リズム感 (2010-07-06 22:30)
 芸術体験ワークショップ見本市2010 終了! (2010-05-11 23:51)

Posted by アートサポートふくおか at 22:28│Comments(0)子どもの芸術体験
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。