2009年08月01日

漂流画祭

「漂流画祭 マヤ北島くんを大さわぎで偲ぶ会」へ。
お芝居を見に行くと必ずあの笑い声が聞こえて「また来てる・・・」と、その存在が知れる人。マヤさんとは、個人的にはそんなに深いご縁ではなかったのですが、お手伝いしているホールで地元出身の某役者さんの公演を行った際、ご招待させていただいたことがありました。もちろん、「漂流画報」に描いていただけたら・・・という下心があってのこと。終演後、「いかがでしたか?」と尋ねると、「あれは音楽だと思いました」とのコメント。意味がワカラナイ。確かに劇中に生の音楽(和物です)は多用されていましたが。しばらくワカラナイ話をされ、結果、ワカッタことは「画報には載せてもらえないのね」という残念な感触でした。でも、それ以来、例のネコのイラストのメールを時々いただくようになりました。お年賀とか、うれしかったです。
お貸りしたままのビデオ類は、ダンナとのご縁でウチにもあるかも。

今日の公演は、マヤさんを偲びたい多くの演劇関係者の尽力で実現したそうです。日頃、芸術体験の大切さをお話しながら、自分の芸術体験はいつも後回しになっている私には、地元の若手演劇人のご様子を見せていただく貴重な機会になりました。マヤさんのお引き合わせに感謝。


Posted by アートサポートふくおか at 23:07│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。