2009年05月13日

居心地

午前、NPO法人まるの樋口龍二さんにお会いしに、南区野間の工房まるへ。地図を片手に違う方向へ歩いていたら、偶然、樋口さんが現れたので迷宮入りせずにすみました。6月21日の「連続講座2009 アートでつなぐ人とまち」2日目のゲストに樋口さんをお迎えするので、その打ち合わせにうかがったのでした。初めておじゃました工房まる、とても居心地のいいところでした。木工や陶芸のお部屋があり、絵を描くスペースもあるうえに、みんなで集まって何かする場所もちゃんとあります。私が樋口さんとお話している間に、利用者のみなさんがお揃いになったらしく、音楽にあわせた体操のあと、お話し合いをされていました。障害者自立支援法に関する訴訟を傍聴に行かれた方の報告会だそうです。
アート系活動の作品が商品化もされているのですが、決してアートの専門家による指導を受けているわけではないとのこと。その方らしさをどう表現したらいいのか、コーディネーターの樋口さんたちがうまく引き出した結果のようです。連続講座でもおもしろいお話が聞けそう。
「連続講座2009 アートでつなぐ人とまち」http://weloveart.exblog.jp/

その後、実家の父の様子を見に行って、すぐに天神へ。福岡市文化芸術振興財団の「子ども達芸術活動事業」実行委員会でした。会議後には財団事務局で所用を済ませて帰宅。大規模改修中の自宅マンションは塗料のにおいがぷんぷん。しかも、バルコニー内での塗装作業などが行われているので、窓もカーテンも開けられず。開けたらもっとにおうのか? 居心地悪し。


Posted by アートサポートふくおか at 23:39│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。