2009年03月22日

吹奏楽クリニック

終日、春日。市民吹奏楽団が中学生の吹奏楽部員に技術指導をする「吹奏楽クリニック」のラストを飾る発表コンサート。写真撮影のためリハから見せてもらいましたが、指揮者の先生をはじめ、市民吹奏楽団のメンバーの方々が一生懸命に「伝えよう」とする姿に涙が出そうになりました。これだけの数の大人に、こんなにかまってもらえるこの子たちは幸せです。ほったらかしにされて荒んでしまう子もたくさんいる御時世なのに。たぶん、本人たちはちっとも気付いていないんでしょうけどね。
華やかさはないけれど、いい事業です。今年で3年目、かな? コンサートに来場されるお客様も増えました。アンケートによれば反応も上々。地域の公立文化施設、しかも教育委員会の直営館ならではの事業ですよ。

同じカテゴリー(文化施設)の記事
 県公文協 (2010-06-25 22:36)
 春日市ふれあい文化センター嘱託職員募集 (2010-02-11 22:31)
 リリックシアターから学ぶこと (2009-09-01 23:00)
 東京公演 (2009-07-23 22:57)
 世の人々の楽しみと幸福の為に (2009-04-28 23:16)
 地域における劇場・ホールの使命と課題 (2009-02-02 23:32)

Posted by アートサポートふくおか at 21:35│Comments(0)文化施設
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。