2009年02月02日

地域における劇場・ホールの使命と課題

午前。福岡アジア都市研究所で懇談。アジア太平洋都市サミット実施へ向けての企画段階とのことでヒアリングを受けました。こういう機関ともご一緒できるとおもしろいんですけど。
午後。九大HME(ホールマネジメントエンジニア)シンポジウム「地域における劇場・ホールの使命と課題」に出演。帝塚山大学の中川幾郎先生の基調講演のあと、アクロス福岡の小牧達彦さん、いわき芸術文化交流館の大石時雄さんとご一緒に短い講演とシンポジウム。県レベル、一般市レベルと規模の違うホールに関わる小牧さん、大石さんと、NPOの立場から話す私が異口同音に芸術文化を通じた地域振興の話をするという興味深い現象がおきました。3者の打ち合わせは全くしていないのですが。テーマが大きいのでいくつかの論点を提示するにとどまりましたが、HMEのプロジェクトは今年度始まったばかり。今後深めていくために論点の頭出しをする役目だったのだと思います。久しぶりにお会いした中川先生は以前よりも少し丸くなられ(?)ましたが、ホントのことをズバリおっしゃるところは相変わらず。お元気そうでなによりでした。

同じカテゴリー(文化施設)の記事
 県公文協 (2010-06-25 22:36)
 春日市ふれあい文化センター嘱託職員募集 (2010-02-11 22:31)
 リリックシアターから学ぶこと (2009-09-01 23:00)
 東京公演 (2009-07-23 22:57)
 世の人々の楽しみと幸福の為に (2009-04-28 23:16)
 吹奏楽クリニック (2009-03-22 21:35)

Posted by アートサポートふくおか at 23:32│Comments(0)文化施設
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。