2008年08月09日

大阪・金沢

7日8日と、受験生・長女のオープンキャンパスめぐりにつきあい、大阪・金沢へ。暑くてしんどいことです。合間を縫って両市のアートスポットもいくつか訪れました。應典院、精華小劇場、金沢21世紀美術館など。いずれもまちのド真ん中。生きているハコでした。
金沢21世紀美術館では、日比野克彦氏のアートプロジェクト「ホーム→アンド←アウェイ」方式 meets NODA【But-a-I】を見ました。NODAは野田秀樹氏のこと。ステージと客席が組まれていて、作品(ステージ上)を見てるお客さんを客席からほかのお客さんが見てる、という構造。よくわからずに入ったと思われる親子が数組。親御さんが「もうすぐ劇が始まるよ」と子どもを誘って入場したようですが、ステージ上では何も始まらず。しばらく客席に座っていましたが、「もう行こうか」とお父さんが立ち上がり、女の子が泣かんばかりに「げき見たかったぁー」と叫び続けるのがちょっぴりかわいそうでもあり、おかしくもあり。

同じカテゴリー(文化施設)の記事
 県公文協 (2010-06-25 22:36)
 春日市ふれあい文化センター嘱託職員募集 (2010-02-11 22:31)
 リリックシアターから学ぶこと (2009-09-01 23:00)
 東京公演 (2009-07-23 22:57)
 世の人々の楽しみと幸福の為に (2009-04-28 23:16)
 吹奏楽クリニック (2009-03-22 21:35)

Posted by アートサポートふくおか at 00:21│Comments(0)文化施設
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。