2013年11月26日

サンバと混沌

終日、久留米。学校への芸術家派遣事業のコーディネートで小学校、午前・午後のダブルヘッダー。なんと、学校の現場仕事は今年度、この1件だけなんです。久留米は養成してきたコーディネーターさんが独り立ちされつつあるので、私は半隠居状態。今日の学校はこれまでになパターンのプログラムだったので私が担当させていただきましたが、先例のあるアーティストの場合は、もうお譲りしています。
本日は4年生対象の音楽の授業。「世界の音楽」の単元に出てくるサンバのリズムを体感させてほしいとのご要望から、パーカッションの「プリズム」さんがプログラムを考えてくださいました。CDで聴くだけでは経験できない、身体に刻まれるリズムを体験してもらえたのではないかと思います。それにしても1学年4クラスはいまどき珍しい。子どもが大勢集まったときの混沌、久しぶりに味わいました。やっぱり現場は楽しいface05



Posted by アートサポートふくおか at 23:02│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。