2019年11月17日

カスミ目

九産大コミュニティカフェ「こねくと」運営2日目。本日はイベントその1「理想の街の絵を描こう」を実施。大学生が小学校高学年から中学生の子どもたちと一緒にJR香椎駅周辺のまちを歩き、再開発のため現在は建設中のビルや空き地が目立つこのまちがどんな風になるとよいか考えてもらうイベント。開始直前までわちゃわちゃしましたが、本番は事故なくスムーズに進行。子どもたちが描いたまちは、「欲しいもの」を詰め込んだ「夢」のまち。大学生の眼には「イマドキの小学生は自分たちの頃と違う!」と映るようですが、ずーっと長く生きて来た私の眼には、大学生が描いた「夢」と大差ないようにも見えます…そーか。私の霞む目には、細かな違いが見えていないのだな。心の眼をよーく開いて見なくては。見守ってくださった保護者が地元出身の方だったので、「お母さんが子どもだったころ」のこの街の姿を語っていただけたのもよかったです。
コミュニティカフェ「こねくと」は、11月23日(土・祝)24日(日)、11月30日(土)12月1日(日)も10:00~17:00で営業しています。福岡市東区千早5丁目みゆき通り「九産大コミュニティギャラリーeast wings」へお越しください。
  


Posted by アートサポートふくおか at 22:25Comments(0)