2019年06月17日

メモ

午前。久留米大で講義。文化ホールとまちづくりについて。事例としてサザンクス筑後を取り上げ、映像なども見せた授業のあと、そのサザンクスに移動。
東北、関西、熊本。震災と復興について真摯に動いた演劇関係者たちのThe first action project の4回目のミーティングを来年3月、サザンクス筑後でやろう、という作戦会議。プロジェクトの中心人物のひとり、松岡優子さんの話、松岡さんが現在勤務するホールでもあるサザンクス筑後の事務局長・久保田りきさんの想いをうかがい、何ができそうか、大澤寅雄さんともご一緒におしゃべり。なんとなーく、枠組みは見えたかも。どんな形になるにせよ。探りながら動き続けること、応援します。
そして帰路、大澤さんとお話してたことを反芻していたら、なんか降りてきたような気がするので、いまからあわててメモします。

福岡市文化芸術振興計画、策定されました。パブコメへの対応も合わせて。
http://www.city.fukuoka.lg.jp/keizai/bunka/shisei/bunkageijutushinkoukeikaku_sakutei.html?fbclid=IwAR1PQx9f-PAMjhVMJtHvG-RWszff0D1I_CPB1DZd_s9xnu3VHJOzmCaBdAc
パブコメ件数は24通とのこと。「語る会」に参加された方がかなり出したはずですが、あれがなかったら、もっと少なかったということか。
  


Posted by アートサポートふくおか at 22:54Comments(0)