2018年10月24日

現場感覚

午前。授業でお世話になった方への御礼行脚。いつもありがとうございます。
午後。大野城市芸術文化振興審議会。芸術文化振興プランの策定に向けて進行中ですが、本日の議論で心に残った市民公募の委員さんからの言葉。アートに関わる活動をしていて感じるのは「楽しい」「心が豊かになる・温かくなる」といったこと。そんな感覚がプランに込められているのか…。行政が作文するとどうしても小難しく無味乾燥になりがちですが、文化の現場で感じることが少しでも盛り込めれば…研究でも、現場で感じるワクワクドキドキは盛り込むのが難しいんですけどね。
  


Posted by アートサポートふくおか at 23:11Comments(0)