2018年10月21日

客層

@城崎温泉。午前。城崎文芸館へ。「文学と演劇と城崎温泉」という企画展示を鑑賞。青年団と豊岡市とのご縁もしっかり盛り込まれてました。午後。城崎国際アートセンターへ。現在のレジデンスアーティストは日本相撲聞芸術作曲家協議会(JACSHA)。鶴見幸代+野村誠+樅山智子のお三方。5年計画のオペラ創作プロジェクト、2年目のコンサートだそうで。一部参加型でしたので混じってきました。でも、2時間半に及ぶコンサートを全部聞いていると帰りのバスに間に合わないと思ったので途中退出。
城崎温泉は、外湯巡りが名物?のようで、浴衣に下駄でカラコロと歩く人多数。外国人もいますが、日本人が多い様子。それも若い女性から高齢者を交えた家族連れまで幅広い客層とお見受けしました。でも、旅館の送迎バスの運転手さんによれば、カニが食べられる来月からが本格的なシーズンだとか。経済が回っている「地域」なんだろうなぁ。
夜。帰福しました。
  


Posted by アートサポートふくおか at 23:27Comments(0)