2017年12月10日

後ろめたいこと

本日、忙中忙、ですが、観劇2件。午前。かのスペースワールドの傍で福岡ろう劇団「ブンナよ木から下りて来い」。聞こえない人が聞こえない人のために演じてきた同劇団が、初めて聞こえる人も聞こえない人も楽しめる作品づくりにチャレンジしたとのこと。字幕と「声」役の配置、そして劇団AFRICAによる音が加わって厚みのある舞台になっていました。いわゆる「普通」の演劇作品を見慣れている私には、手話で演じる役者さんに合わせた字幕や「声」のタイミングは正直、心地よくはありませんでした。と、いうことは、聞こえない人は普段、聞こえる人の話すスピードにこの裏返しの心地悪さを感じている、ということなんだろうか。そんなことを考えるのも大切なことに思えます。
午後。福岡に戻って、劇団きらら「プープーソング」。誰にでもきっとある「後ろめたいこと」。それだめでしょ、なこと。他人のダメさ加減はホント笑えます。それだけに自分のは言えないわぁ。泣けてくるから。
  


Posted by アートサポートふくおか at 22:50Comments(0)