2017年08月13日

遠くない世界

ヨコトリ2日目。今日も横浜は黄色帽子で手元しか見てない人だらけ。これは政策ですか。集客装置?

午前。日ノ出町駅近く、大岡川の日ノ出桟橋から小さな船に乗船。地図でなかなか確認できない横浜日ノ出桟橋。このへん?とキョロキョロしながら歩いていたら、パンフレットのようなものを掲げて立つ人が目に入ったので、あ、案内の人かな?と近づくと、おっと、某宗教関係の方々。あぶないあぶない。

船でのツアーは、高山 明/Port B「遠くを近くに、近くを遠くに、感じるための幾つかのレッスン」。トリエンナーレの関連企画のひとつ。ネタバレになるといけないので詳細は述べません。川や海から眺める横浜の街並みは、「みなとみらい」の名のとおり、近未来のまちのようにキラキラした面もありますが、少し奥に入れば水辺に背を向けた側面が垣間見え、作品で語られる内容がそんなに遠くない世界の話に思えてきます。
ツアー後、黄金町バザール~臨海部へ向かって創造界隈をうろうろ。歩きすぎて足元がおぼつかなくなってきたので、はい、撤収。
  


Posted by アートサポートふくおか at 21:14Comments(0)