2016年08月23日

敗北感

せとげい2日目。本日は小豆島。実はフェリー3日間乗り放題の券を買っていて、3日も滞在しないけどフェリーに4回くらい乗れば元がとれるし4回なら乗るよね~と思ったわけですが、昨日は1回も使わず。本日こそはフェリーに乗らむ、ということで。
大きな島だけに作品数も多く、1日で全部見て回れないので、福田港の福武ハウスに的を絞りました。ここの福田食堂(旧福田小学校の体育館でした)でお昼を食べる!と思い定めて行動。アジア定食Aをゲット。グリーンカレーに小鉢2種。香港のおひたし的なものとシンガポールのサラダ的なものを選択。満足。その後、坂手港の「喫茶ままごと」へ向かいたく、バスの時間を確認。乗換えが必要なんですが、バス停の位置や、本当に乗り継ぎが可能なのかがわからない。乗りそこなうと1時間以上、何もできないことになるので、そこここのスタッフさんに尋ねるも、誰もはっきりしたことは知らず・・・そらーそーですよね。私も地元とはいえ福岡市内のどっかのバスの乗り換えのこと聞かれてもわかりませんもん。とにかく行ってみたら、乗り継ぐバス停が移動していて移動先がわからない。たまたま道を歩く第一島民を発見してお尋ねし、間一髪間に合いました。
で、「喫茶ままごと」。劇団ままごとのメンバーが運営する喫茶店。現在、パフォーマンスもひとつ300円でメニューにあり。注文したお客様からなにがしかの話を聞いて演劇をつくったり、いろいろな短いモノを提供されていました。その様子を眺めながらオリーブジュース200円也をいただいて退出。ここから高松行きのフェリーに乗る草壁港に移動するのも、もらった時刻表とバス停の時刻表が違うので、ギャンブルな気分でしたが、とにかく乗船できました。でもフェリー乗船は2回のみ。3日間乗り放題券、1000円以上損してしまった敗北感。そんなこんなで、深夜、帰福。

なにはともあれ、おっきな湖にしか見えない穏やかな瀬戸内海と島の緑が心に残った2日間。家族連れも外国人もとってもたくさん訪れている芸術祭でした。
  


Posted by アートサポートふくおか at 23:27Comments(0)