2016年05月16日

粘着質

午前。久留米大で授業。当初の予定にはなかった「震災と芸術文化」の話。小レポートを書いてもらったら、びっしり記載したものが多く、関心の高さを感じました。GWに2日だけ参加させてもらった、日本財団の益城町避難所調査のことにも触れました。この調査の結果は早くも日本財団のサイトに掲載されています。http://www.nippon-foundation.or.jp/news/pr/2016/59.html
ほんの少し関わっただけですが、現場で感じたことがかなり的確に反映されているように思います。ここで提言されていることがどれだけ実現できるか、ですね。

授業終了後、すぐに福岡市内に戻り福岡市文化芸術振興財団理事会。駅から走ったんですけど、5分ほど遅刻。すまそん。けっこう長く理事(その前は評議員)を務めさせていただいています。例によって職員さんは顔ぶれが変わり、民間の関係者は以前からの流れをいろいろ知っていて。若干むなしい思いもあるのですが、あきらめるとそこまでだから、しちこく言い続けるオババになる。
  


Posted by アートサポートふくおか at 22:00Comments(0)