2014年06月06日

助手の人?

小鹿、成長す。するする歩けてうれし。でも、座ると背中がフリーズするのでまだまだ。
午前。福岡市内某公共施設にて情報収集作業。設置されている情報誌のたぐいを1人でごっそり持って行ってすみませんすみません。
授業で使うんです。ゴミにはしませんから。
「芸術文化のまちづくりゼミ」フィールドワークでお邪魔する工房まるさんで打合せ。肉体的にも精神的にも太っ腹なHさんとガハガハ笑いながらおしゃべりして終わり。途中、至急の用件で連絡が入っていたのでするする帰宅してメールのやりとり・お電話攻勢など。しているうちに、午後の用件に遅れそうになり、するすると電車に乗って急ぎするする。演劇によるホームレスの方の就労自立支援、新しいクールが始まりました。今回は参加者がけっこう多め。若い方の割合が多い感じ。さてどのように展開していくのか。
振り返りの時間をパスさせていただき区役所へ。次女の関係の諸手続きについて必要書類の確認など。揃えないといけないものが数種類あるのでひとつずつ確実に。1度では終わりませんな。
するする戻って整骨院。へのへのテーピングをいったんとって、かなり簡潔に貼り直し。テープをはがすのはちょっとした罰ゲームでしたが、カユかったんではがしてもらって助かりました。テーピングのうえにコルセットはもういいかな。院長センセから「大学の先生なら、研究室の助手の人に荷物を持ってもらったらいいじゃないですか」と言われました。いません、そんな助手。そーゆーかんじですか大学のイメージ。
  


Posted by アートサポートふくおか at 22:21Comments(0)

2014年06月05日

するする

小鹿、長崎へ行く。うさこリュックをお供に。授業6コマと面談2人、打合せ1件。しのぎました。なんとかするする歩けているので、回復基調なのは確か。
2年ゼミ、今期何度目かのグループ内プレゼン。明らかにうまくなっている学生が見えてきたのでうれしいです。今週末はまたフィールドワーク。4年ゼミ、卒論中間構想発表会を控え、個人面談を交えつつ、7月のフリマの準備佳境。絶対間に合わせないといけないことなので、きっちり動いてほしいです。集客用チラシを作成・配布するために、社会人相手の連絡調整で四苦八苦したようですが、いい経験です。まだまだこれからも続きます。
  


Posted by アートサポートふくおか at 22:49Comments(0)

2014年06月03日

ねじれ禁止

小鹿、朝は快調に起立。腰も伸びていい感じ。と、思いきや、PC作業をするうちにどんどん悪化。「1時間に1回は立ち上がってくださいよ~」と整骨院の先生にいわれていたのでお言葉に忠実に従いましたが、もっと短時間で腰が固まります。成長しない小鹿。
午後。じわ~っと歩いて整骨院へ。いろいろ施術していただいたら朝の状態に戻りました。要は「仕事するな」ということですね。でもそーもいかず、夜まで立ったり座ったりしながら作業。
明日からの授業準備、旅のお供のコロコロバッグは「身体がねじれるから禁止」されましたので、両肩で背負うバッグを用意。持っててよかったうさこリュック♪
  


Posted by アートサポートふくおか at 21:26Comments(0)

2014年06月02日

成長せず

小鹿、成長せず。
午前。久留米大の講義。ゆるゆるすり足しながらなんとか乗り切れたので、「お、回復してんじゃね?」と調子に乗りましたが、午後から不調。いったん伸びた背筋がまた戻る。整骨院にも行きましたが、へのへのテーピングははずしてもらえず、「まだ熱をもってますね。冷やしてください」と変わらぬご指示。冷やしつつ立ったり座ったりしながらPC作業。ちょっと集中すると背面がフリーズするので忘れないようにゆるゆる動き回らなくちゃ。
  


Posted by アートサポートふくおか at 22:20Comments(0)

2014年06月01日

小鹿

朝。生まれたての小鹿ちゃん状態で起床。どうやって立ち上がるか、永遠の命題。やるべきこと、やりたいことはいっぱいあるけれど、なにぶん動けないので動かずにできることをしようと、マニキュア塗ってみました。現実逃避? それから今後の研究について考えたり、あ、これも現実逃避?
午後。「芸術文化のまちづくりゼミ2014」第1講。大荷物をズルズル引きずりながら電車にてニジニジ移動。ズルズルニジニジとはいえ、前進しているので昨日よりはいいのかも♪とむりやり思い込み、運動してはいけないと言われていたけど大汗かいて会場に到着。今回、例年に比べると受講者がやや少な目ですが、皆さん温かい方たちで、小鹿ちゃん講師をいたわりお手伝いいただきました。大感謝。
ご自身が関わられている文化イベントについてお悩み中の方にほかの皆さんがアドバイスをさしあげるお悩みご相談会になった後半、ああ、こういう場が求められているんだなあ、と小鹿は思ったことでした。
  


Posted by アートサポートふくおか at 22:42Comments(0)