2014年03月21日

寝に帰る

起床してスマホの電源を入れたとたん、LINEのメッセージ。長女が昨夜から帰福していたらしく、飲み明かしたあげくに「寝に帰っていい?」という用件。お前の実家じゃ。好きに寝ねらんか。
6月から実施予定の「芸術文化のまちづくりゼミ」、1回分の会場が確保できていなかったのですが、1度抽選にはずれた施設が、本日から再抽選を受け付けるため、開館と同時にお電話。希望のお部屋が空いていることを確認。
午前。高齢者の芸術体験機会創出事業に向けた打合せのため、春日市内の高齢者施設へ。比較的自宅から近いところなのでテクテク歩いて。スタッフの方だけでなく利用されている高齢者の方にもお会いして、アーティストとのマッチングについて感触を確認。当たり前ですが、おひとりおひとり違うので、なかなか大変。
正午前後。朝、空きを確認した施設がまだ空いていることを祈りながら、受付窓口へ。電話では終日空いてますと言われたのですが、別件の打合せに出向いている間にほかの区分が埋まり、空いているのは午後だけに。当方が予約したかったのは午後なので、メデタシメデタシ。ですが、どこの団体も会場探しには苦労してるんだろうな。
帰宅して、論文の校正、連絡調整業務など。もぬけのカラになった子ども部屋の清掃業務等も推進。長女は健やかに寝て食べて、夕刻、帰ってゆきましたとさ。

  


Posted by アートサポートふくおか at 22:18Comments(0)