2014年02月01日

舞台2つ

本日、パフォーミングアーツ系鑑賞活動ダブルヘッダー。いずれも福岡市の財団主催事業。財団理事をさせていただいている関係でのオツトメ。
昼。「文楽いろはレクチャー」。イムズホールが超満員。大人気事業なんですね。太夫、三味線、人形遣い、それぞれのトークと人形操作体験コーナーなどと、実演。これは満足でしょう。上演部分の床本コピーも配布されていて内容がよくわかるし。若い人や子ども(今津人形芝居を継承している子たちもいました)も見かけました。アートマネジメント論の授業での科学生の反応を思い浮かべると、こうして実際に接してみることで伝統芸能との距離が縮まるのは確実。
夜。「Life map2014 フラグ」。障がいのある人たちによるパフォーミングアーツの創作活動、その発表のステージ。会場がわかりにくくて暗くて困りましたが、同じバスに乗って同じバス停で降りた人は全員同じ場所に向かっていたので流れに乗ってたどり着きました。表現したい欲望はみな同じ。ステキでしたよ、パフォーマーの方たち。
  


Posted by アートサポートふくおか at 22:24Comments(0)