2013年12月17日

豊かな記憶、あふれる表現

午前。もうこの時間しか空いてないので急いで授業準備。使用する映像のチェックまでなんとか完了。

午後。福岡市内高齢者施設のデイサービスで演劇ワークショップ。結実企画(むすびきかく)の大福さん、吉柳さん、そして助っ人・小来栖さんとご一緒。認知症の方も含め80代以上のご高齢者ばかりなのでどうなることかと思っていましたが、最初に講師+お手伝いスタッフの自己紹介のあと、参加者おひとりずつにご挨拶に回ったら、豊かな記憶、話題があふれてスゴイスゴイ。お話することを楽しんでおられる様子がうれしくて。少し時間がかかりすぎたかと思いましたが、講師はあとで「あの時間がよかった~」と言われていました。うん、そうだな。それからぬいぐるみを使った会話や「師走」「年の瀬」から連想したことのつぶやき→餅つき大会(ウスもキネもモチもないけど、ヨイショヨイショの掛け声がかかりました)などなど、イスに腰掛けたままでしっかり「演劇」してくださいました。これまでに何度かお会いしている参加者の方々でしたが、心の中にこんなに豊かな世界をお持ちだということを始めて知り、また、それをステキに表現してくださったことがうれしくて、しあわせな時間をいただきました。この方々とまたお会いしたい。
おひとりずつとお話しているとき、なぜか多くの方に「がんばってね」と声をかけられました。デイサービスの職員さんが「今日は演劇の人が来てくれました」と紹介してくださったからでしょうか。励ましていただきました。

夜。久留米市役所で「久留米市・学校への芸術家等派遣事業」のコーディネーターさんたちと会議。すでに独り立ちしつつあるコーディネーターさんたちですが、さらなるパワーアップを図るために、芸術体験ワークショップの企画運営をしていただくことに。2時間弱の会議で企画があらかた決まってしまうところはさすが。年度末まで時間がないので、会場や講師との交渉など、スムーズに進むといいのですが。
  


Posted by アートサポートふくおか at 00:11Comments(0)