2013年12月15日

どっこい生きていく

午前。NPO法人子ども文化コミュニティさん&福岡市の「はじめての芸術との出会い」事業、韓国の劇団マシルによる乳幼児親子対象のワークショップをちょっとだけお手伝い。ワークショップの様子ものぞかせていただきました。参加者数と同じくらいのギャラリーがいる環境なので、日常と異なる環境に敏感になる赤ちゃんとあんまり関係のない子とがいて、導入にたっぷり時間をとったゆるやかな流れ。影絵やドローイングも交えて、親子が親子として出会えた奇跡に感謝できる機会が提供されていました。子ども文化コミュニティのスタッフの方々と私の会話「20年前に戻って我が子とこのワークショップに参加したかった」「孫に期待するしかないですね」「孫を産んでくれるかどうかねぇ」。
ワークショップ後、同じく韓国から招かれたチェ・ヨンエ先生、ジャッキー・E・チャン先生とお話することができました。ベビードラマに関わる専門家のお二人、日本と韓国の状況の違いなどに言及した際、チェ先生が「韓国人はあまり考えず行動する。日本人のじっくり考えるところは美点」と言ってくださいました。考えすぎて行動しないと弱みになっちゃいますが。私自身はきちんと考えて動く性格、かと思いきや、けっこう走ってから考えるところがあって自分でもよくわかりません。

午後。熊本の劇団きらら「踊り場の女」福岡公演千秋楽へ。最後まで冷静に観ていたのに、客出しで表に出られた池田美樹さんが泣いているのを見たらもらってしまいました。私は苦いものを避けて通る人間ですが、「こんな思いをしてまで生きていなくてはいけないのか」という経験を何度かしました。それでも人は生きていく。そして生きていける。公演からの帰路、駅までいろんなことを考えて泣きながら歩いたけど、晩御飯のおかずはちゃんと買ったし明日の仕事の段取りもしました。こんなふうだから私はどっこい生きていけるんだなぁ。
  


Posted by アートサポートふくおか at 22:12Comments(0)

2013年12月15日

クリスマスリース

4時半起きで長崎。で、もう日付が変わりましたが、さっき帰宅して残務整理ちう。長い1日でした。

3年ゼミの「クリスマスリースづくり」ワークショップ本番のため、9時に大学集合。会場設営から始めましたが、事前にかなりの準備ができていたので、スムーズに進行。今年の3年生、始動がモタついたので、どうなるかと思いましたが、最後の追い込みはスバラシかったです。準備はお任せでダイジョウブそうだったので、私は切羽詰まった4年卒論の赤ペン作業をしながら監督業務。午後には進行リハも執り行って、15時開始。
ご参加の親子さんは穏やかないい方が多かったので、慣れない学生のご案内でもなんとかなりました。子どもたちがリースづくりに飽きてしまった場合を想定してクリスマスツリーの飾りつけやお絵描きコーナーを設けていたのは正解。でも、親御さんが手持無沙汰になることが想定外で反省。できあがった作品は、学生が用意していたお手本よりはるかにステキなものばかり。限られた材料でかわいいリースがたくさん完成しました。


記念撮影を終え予定どおり17時ぴったりに終了。校舎のイルミネーションやクリスマスコンサートのPRもして、アンケートに答えていただきました。
撤収作業からプチ反省会まで済ませて学生を帰したあと、私はひとり研究室で卒論添削の続き。そのまま中央郵便局に持ち込んで速達で発送し、本日の業務完了。ああしんど。
  


Posted by アートサポートふくおか at 00:28Comments(0)