2013年02月19日

小学校まつり

午前。福岡市役所で「はじめての芸術との出会い」事業打合せ。NPO法人子ども文化コミュニティさんと福岡市の共働事業ですが、アートサポートふくおかもちょびっとお手伝いさせていただいています。来年度以降に向けての体制づくりなどの協議。新たな領域に踏み出す事業であるだけに、継続させるには課題も多いのですが、生み出されるものの大きさを考えれば苦労のし甲斐もありますよね(と、メインの担当でもないクセに)。
天神に出たついでに、理事を務める福岡市文化芸術振興財団の事業をいくつか観て帰るつもりでしたが、イムズが休館日で「Life map」展は見られないことにイムズのドア前で気づく衝撃。あああああ。次はいつ時間がとれるんだ。アジ美の九大AQAプロジェクト「わたしの街の知らないところ-シンガポールと日本」展は観てきました。入口付近に映像作品があるからか、いきなり暗いのでとっつきにくい印象は否めませんが、内容はよかったです。
今週は小学校まつりの様相。学校に出向かないのは本日だけです。風邪菌をとったりやったりしないようにしなくては。
  


Posted by アートサポートふくおか at 22:03Comments(0)

2013年02月19日

救いのひととき

終日、福岡市内の小学校で演劇ワークショップ。のこされ劇場≡さんとご一緒。6年生対象、2クラスそれぞれに2時限ずつ。前回は2クラス合同でのイントロダクションでしたが、今回はクラスごとなのでより細やかに対応していただけました。元気のいい(よすぎる)一部の子たちと、その陰で萎縮している子たち、という関係が長く続いてたようですが、今回の活動で、いつもおとなしい子たちがのびのびキラキラした表情を見せている、と担任の先生方がおっしゃってくださるのがうれしいことです。手のかかるお子さんへの対応にエネルギーをとられがちですが、芸術体験は日頃ガマンをしている子たちにも救いのひとときになるんですね。  


Posted by アートサポートふくおか at 01:18Comments(0)