2012年12月18日

ひとりごと

本日、審議会ダブルヘッダー。午前、古賀市。午後、筑紫野市。いずれも文化振興計画または実施計画の策定途上。どちらも先は長いです。
電車移動の際、あきらかに挙動がおかしい中高年男性を複数目撃。いや、痴漢ではありません。大きなひとりごと。それもしぶーいいい声で。「くろいわさーん、おちついて」と諭すように話す声が車内に響くのですが、どう見ても相手は虚無。表情豊かに身振り手振り話し続ける男性のヨコに座ってしまった女性が、移動もできず凍り付いていました。その方と入れ替わりに乗車してきた別の男性も、静かに語り続けています。見えない誰かに向かって。みんなどーしたの~。
  


Posted by アートサポートふくおか at 23:03Comments(0)

2012年12月18日

演劇

午前。今週の授業の準備と送付されてきた卒論の添削と、ちょっと行き詰っている年度末企画の練り直しと。今週は考える時間がほとんどないので、なんかあせります。
午後。ものすごく早めの夕食の準備を済ませて天神へ。市役所にもろもろの手続きをしに来たのに、必要なモノを忘れたことに天神駅で気づいてUターン。なんでざっしょの駅で気づかないかなぁ。
戻りの電車に乗る前、「えくすきゅーずみぃ」と2人組の男性に声をかけられ、新手のナンパかと身構えたら、アジア系外国人観光客の方でした。太宰府への行き方を尋ねられ、二日市で乗り換えることなどを伝えましたが、「はぶあないすとりっぷ」と言い忘れた! 残念。
1時間強のロスはあったものの、お役所仕事?は完了し、博多駅へ。特急に乗って小倉で演出家の阿部初美さん、北九州芸術劇場のみなさんと打合せ兼お食事。阿部さんは芸劇の「産み育てをみんなで考えるワークショップ」を担当されているので、この事業についていろいろお伺いしました。が、話は演劇論などにも及び、ディープな一夜に。少女のようにも見える阿部さんですが、演劇を語るときはすんごい理論派。「演劇は思考する場」という言葉が印象に残りました。これは作品創作でもワークショップでも同じなのでしょうね。みんなで思考した末に何が出てくるのかわからない「カオス」から演出家の手によって取り出されるもの、それが「演劇」なのかも。
  


Posted by アートサポートふくおか at 00:59Comments(0)