2012年01月14日

墨象ワークショップ!

「大人のための芸術体験ワークショップ・シリーズ」冬の陣、3本目「墨象(ぼくしょう)ワークショップ」。参加申し込みが直前まで相次ぎ、ついに定員を超えてお断りしなくてはならない事態に。ご参加いただけなかった方、申し訳ありません。
私たちが通常感じている「書道」「お習字」の世界とはだいぶ違う自由な表現の世界なので、日ごろ「読み安く、きちんと」字を書いている人ほど殻を破るのに苦労されているようでした。でも、「全然ダメだわぁ」とか言いながらしっかり楽しまれている様子。おもしろかったのはBGMが変わると作品の調子も変わること。大博多ホールのステージ上という場の力と同時に音楽の力も作用して、気持ちがどんどん乗っていくようでした。一度、模造紙に大きな字を書くと心の中で弾けるものがあるのか半紙大の紙に書く字も変化。3時間があっという間のワークショップでした。
参加者のアンケート「いかに自分の頭が固くなっていたか、痛感した」「自分の殻から抜け出すのに苦労した」と書かれたその文字が踊っているようで、ちょっと可笑しかったです。
講師の安岡雅峰先生、ありがとうございました!
  


Posted by アートサポートふくおか at 22:19Comments(0)