2011年07月04日

楽談

朝。子ども会の廃品回収で持っていってもらうため、ためていた新聞紙などを供出。まだ早い時間なのに台車をゴロゴロ言わせてごめんなさい。
午前中に掃除と買い物などを済ませ、午後は明日の授業、打合せの準備、夕刻から出かけるので家族の食事の用意。
出かけた先は、あ、会の名前をなんと言うんだろ? アーティスト・龍野舞さんが主催するお食事会形式の談話の場。今回は7月~七夕~仙台~東北というつながりで、東北地方のお料理を龍野さんがふるまってくださいました。集まったメンバーは7人。お話するのにちょうどいいサイズ。私はもっぱら聞き役でしたが、料理することもいただくことも話すこともみな「アート」という捉え方。一般の方には伝わりにくいので「アート」に代わる言葉はないものか、という話題になりました。「楽談」という言葉が出て「いいね」となりかけましたが、こうして書いてみると落語か漫談を連想しますね。何かが生まれそうなプロセスを全部ひっくるめて指す言葉、やっぱり今は「アート」しかないな。  


Posted by アートサポートふくおか at 00:00Comments(0)