2010年05月11日

芸術体験ワークショップ見本市2010 終了!

芸術体験ワークショップ見本市2010。実は昨日から体調が悪く、おなかは痛いし、熱っぽい。でも、今朝はすっきり、「いざ」の気持ちで起き上がりました。
ワークショップを実施してくださる7組のアーティストは、いずれもお勧めの方々ばかりなので、内容は自信を持ってのご提供。やや不安だったのは集客面と同時並行でいくつもの会場を使うイベント全体の運営面でしたが、参加者は当日の飛び込みもあり、なかなかの入り。運営面でも優秀なスタッフのおかげで実にスムーズ。スタッフの半分は、久留米市「学校への芸術家等派遣事業」のアシスタントコーディネーターを務めてくださった方々だけに、頼りない主催者はワキにおいて、サクサクと進行してくださいました。ありがたや。
そして、今回の見本市は久留米市と(財)久留米文化振興会さんの全面的なご協力のもとに実施できました。これは見本市が「芸術家派遣事業」の学校からのお申込みを促進するためのものでもあったから、ですが、肝心の学校教員の皆様方の反応は鈍く、ご参加の数は非常に少ないという結果になりました。この点だけは心残り。休日に実施してもご参加いただけず(過去8年間、3回にわたり類似の事業を実施してきましたが・・・)、平日に実施すれば「授業が」「会議が」でご参加いただけず。どっちにしても参加は難しいんですね。その状況からどう展望を切り拓くか。まだまだたくさんの仕事があるとあらためて感じました。
イベントとしては(大)成功、なんですけどね。  


Posted by アートサポートふくおか at 23:51Comments(0)子どもの芸術体験