2009年01月07日

平和を生き延びられない?

もうひとつの気になる記事は児童文学の翻訳家と毎日新聞の記者の対談で、子どもに関するお話。幼稚園でおままごとをする子どもたちに一番人気のポジションは「ペット」だそうです。家のなかで存在感の薄いお父さん、イライラして怒ってばかりのお母さん、ガマンして「いい子」を演じる子ども・・・一方で無条件でかわいがられるペット。だから、子どもはペットにあこがれているのですと。また大学生で、経済的に苦しいわけでもないのに学費以外の支援を親がしないので、バイトに追われる人が増えているとも。あるいは、学費は親から借りる形になっていて返済のためにバイトする子もいるとか。私はまさに親世代なので、子どもの自立心を育てるための愛のムチかな?とも思えなくもないのですが、子どもの生活がどんな風になっているのか、把握できていないのかもしれませんね。失業すると家族・親族が面倒を見るという世の中ではないので、失業=ホームレスになってしまうのではないかという指摘もあり、「精神的な懐の浅さ」という言葉に考えさせられました。また、若者が「戦争体験のある人がうらやましい」という感覚を持つという話もあって、これは捨て置けないことです。あんなにイキイキと語れるものがあってうらやましい、のですと。「戦争に懲りて平和が来るのではなく、人々が平和を生き延びられなくなったときに戦争を呼び寄せる」って、ダメですよ。絶対。  


Posted by アートサポートふくおか at 22:47Comments(0)

2009年01月07日

アラフォー

アスクルに注文した封筒が到着。今夜からDM送付準備の夜なべ作業。
今日、久し振りに図書館で新聞チェックをしたら、気になる記事を2つ見つけました。ひとつはアラフォー世代に関する朝日の記事。私は40代半ばなので、場合によってはアラフォーに含められることもあるのですが、記事では均等法施行の86年に社会人予備軍だった女性と定義しているようなので、私はちょっとはずれます。ただ、アラフォーについて「常に自分がセンターと思っている」「きっと・もっと・ずっと と幸せ探しを続ける」などの分析がされていて、我が身にもあてはまる感があったりなかったり。「自分が一国の女王だったら」というテーマで絵を描いてもらったら、数々の欲望が渦巻く絵が出現した、などのくだりはホンマかいなと思いますが、「いいことをしている自分」を味わえるボランティア旅行や若返りを実感できる?大学院入学を目指すなど、「感情産業」の消費者としてアラフォーが取上げられているのは、わかる気がします。私は若さを実感するために大学院に行ったわけではないけど、「女子大生だしぃー」と学生証を見せびらかしたことはあるなぁ。そして、アラフォーがここへ来て関心を示すのが「社会貢献」だという締めの段落にちょっとうなづきました。たしかに。私だけじゃなく、アートと社会をつなぐ人材養成の講座にもアラフォーはおいでになります。人生経験でもって他者を支えることに関心を寄せる女性たち。その力は社会にプラスになるはず。同様に、定年退職後の男性たちも社会貢献に目を向けていることを実感しています。どちらの属性の方々も、自分らしい居場所を探している様子がうかがえます。KYにさえならなければ、アラフォーと団塊の世代は世の中を変える、かも。  


Posted by アートサポートふくおか at 22:35Comments(0)